ガールズバーって何をするところ?


最近、繁華街を中心に店舗が増えている一つにガールズバーというのがあります。
客引きの数が多かったり、店舗によっては働いてスタッフの女の子が客引きを行ったりするので、目立つので気になる方も多いでしょう。
ではガールズバーとは一体何なのか体験したことも兼ねて調査してみました!

恵比寿のおすすめガールズバーはこちら

ガールズバーとは


ガールズバーは、実は京都が発祥といわれているショットバーの形式の飲み屋です。
2006年ごろからできたといわれており、キャバクラよりも比較的こじんまりとした空間で、バーの名前の通り、バーカウンター越しに女の子がお酒を作ってお客様に提供しながらコミュニケーションを楽しんでいくというお店です。
現在は、親しみやすい名称やキャバクラと同じように女の子が高時給で雇われることで、規模が拡大し、都市圏に何店舗ものチェーンを持つようなところもあります。
また、もともと通常のバーとして営業していたところが次第に女の子とのコミュニケーションを押し出すようになって気がついたらガールズバーへ営業形態を転換していったケースなど、店舗ごとにさまざまな違いがあるのもガールズバーの特徴です。
特に、大阪や東京といった大都市の繁華街にはかなりの店舗数が出店しており、キャバクラとの競合店舗になっているところもあります。
店舗ごとにいろいろカラーがあって、いろいろな要素をミックスしているのがガールズバーです。
例えば、メイド喫茶の要素を組み合わせてバーテンダーである女の子がメイド服のコスプレをして接客をしたり、スポーツバーの要素を付加して、ユニフォームなどをきたバーテンダーの接客があり、大画面のテレビやスクリーンでサッカー中継を放映したりするようなお店もあります。そのため、幅広いジャンルの層の男性が気軽に利用できるお店となっているのです。
大体の予算は5千円~5万円以上とお店によりピンキリです!あとは、お店や滞在時間により、女の子にドリンクを奢るか、
奢らないかなどによって値段は変わってくるのがガールズバーの醍醐味というところでもあります。

このようにガールズバーとは、気軽に若い女の子と話すことができるお店として人気がある場所。
これからもチェーン店は店舗数の拡大されたりで競争も出てきてイノベーションが生まれることで、よりバリエーションが豊かになるはずです。
原則的に、カウンター越しでバーテンダーはお酒を飲まずに接客するのが基本ですので
働く側の女性にとっても気軽なので、キャバクラは少し怖い、と感じる方はガールズバーを選択するのも良いかもしれません。

一方で働く側と利用する側どちらにも注意してもらいたいのが、違法営業をしたりするようなような店舗です。ガールズバーというまだ歴史の浅い業態にもかかわらず、大阪や東京では風営法に違反するとして摘発されたような店舗もあります。こういったところでは、その他の法律も守らずに従業員にも無理を言うケースがあるかもしれません。
こういう意味を含め、営業形態がしっかりされていて、法律内での営業を確実に行っているキャバクラのほうが安心かもしれません。
マイナスな面もお伝えしてしまいましたが、健全営業をしているガールズバーもありますので自身の合いそうなジャンルや通いやすいかどうかを基準にする方がいいかもしれませんね。

2018年6月26日