ガールズバーって?

キャバクラとの違いって?


本日はキャバクラとガールズバーの違いについて詳しくご説明していきましょう。

キャバクラとガールズバーの違いは接待する場所


キャバクラとガールズバーの最大の違いは接客する場所ですね。キャバクラの場合ではお客様の隣に座っての接客が基本のスタイルとなりますが、
ガールズバーの場合は、カウンター越しの接客となります。働く側からすると初対面の男性の隣に座るのはちょっと苦手、という方にはお客様とほどよく距離が取れるガールズバーのほうが向いているかもしれません。実際の業務内容もお酒を作ってお客さんに提供し、
会話するのがメインとなります。時にはお客さんにお酒をご馳走していただくこともあり、よくある バーテンダーのお仕事のイメージと言って間違いないと言えるでしょう。
キャバクラとは異なり、ガールズバーの場合は基本は立ち仕事ですのでキャバクラのキャストのように会話力を求められることはあまりありませんが、
体力的に自信がない方にはあまりおすすめ出来ません。

キャバクラとガールズバーの違いは服装!


キャバクラはドレスを着用してのお仕事をしますが、ガールズバーではカジュアルな感じなのでドレスなどを着ることやゴージャスなヘアセットは不要です。
ガールズバーには様々なコンセプトがあるので私服でOKのお店もあります、場所や時期によりスポーツチームのユニフォームなどなど多様多種なのでその時の自分に合ったテンションでお店を選ぶと良いかもしれません。

キャバクラとガールズバーの違いは営業時間!


キャバクラは深夜営業は法律上出来ないことになっています。地域によりますが大半が深夜12時で閉店しなければなりません。これに対してガールズバーの場合、
風営法の適用が存在しないため、そういった制限はないのがキャバクラとの違いです。店舗により明け方までの営業が可能なお店もあります。
若い女性がバーテンダーをやっているバーですが、お酒を飲みながらお話も出来るため一見はキャバクラに似ていますが、
キャバクラとガールズバーは法律上の位置づけが明確に区別されています。風営法によりキャバクラは規定があるので営業時間は短く、
ガールズバーは風営法上の許可は取っていないため時間に自由があるという特徴があります。ですが飲食店としての許可を取って営業しているため、
接待は行うことはできません。若い女性がバーテンダーをしているショットバーという認識で間違いないでしょう。
通常のバーでも接待ではなく接客として軽くお話をするのでそれと同じまたは似たような感じですね。しかし、隣に座ってお話をするのは接待とみなされてしまうので、
カウンター越しでのお話がメインとなります。